コラーゲンの働きって・・・・ 〜 ヒアルロン酸コラーゲン・セラミドの効果



コラーゲンの働きって・・・・

コラーゲンって必要って事なんかは分かってはいるんだけれども・・・ コラーゲンの働きは?って聞かれたら・・・・ちょっと考えてしまいませんか? 重要な働きには、細胞同士をつなぎ合わせるって言うのがあるんだよ。 あと、内臓なんかのいろいろな器官ってコラーゲンにより結び付けられそれで形成されているんだ。 それとカルシウム同士をくっつけるって言う働きなんかもしてるから、骨を丈夫にするとか保ちたければコラーゲンは不可欠です!!! そうそう、私たち人間って20代をピークに老化が進んでいくそうなんだけれども。 また、コラーゲンも同じで20代を超えたら徐々に合成されにくくなってしまうんでね、 コラーゲンの減少って、体の老化とともに大きく関係があるんだよね。 私たちって、コラーゲンが不足しているの・・って言ったら、まず先に肌の老化ってなると思うんだけれども、 それ以外でもコラーゲンが不足してしまったら影響が出る所があるんだけれども・・・どこだか分かりますか? それは、、、コラーゲンの不足で影響が出るのは・・「関節痛」なんです。 コラーゲンの役割の中に骨同士がぶつからないためのクッションの役割なんかもあるからなんだよ。 それにコラーゲンの不足って動脈硬化のリスクも高まってしまうって言われたりするんだって。。 なぜかって言ったら、血管ってコラーゲンで出来ているため、コラーゲンが不足してしまうと弾力がなくなってしまって 血圧が不安定になるとかの障害なんかも起こってくるんだよ。 こう考えると、コラーゲンって体を健康にしかも維持していこうと思ったらなくてはならないものなんだね!!! コラーゲンを摂ったらいいって聞いた事ないですか? まあコラーゲンって、動物の骨とか軟骨そてに皮膚とか腱、筋肉なんかの体のいろんな物を構成していたんぱく質なんだよ。 コラーゲンの主な働きって言うと、細胞同士を繋ぐってものなんだ・・。 知っていますか?体を作っているたんぱく質のなかで約30%ってコラーゲンが占めているんだって。 腱の85%、骨の90%はコラーゲンで出来ているんで、不足してしまったら骨粗しょう症とか関節痛なんかのトラブルも起ってしまうんだ。 あとこんな事も、皮膚のはりとか弾力がなくなってしまったり、爪が欠けやすいとか、 歯茎が痩せてきてしまうこんな事もコラーゲン不足の症状なんだよ。 コラーゲンって大切だと改めて思いますよね・・・(*^_^*)

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2016 ヒアルロン酸コラーゲン・セラミドの効果 All Rights Reserved.