ヒアルロン酸とその効果 〜 ヒアルロン酸コラーゲン・セラミドの効果



ヒアルロン酸とその効果

「ヒアルロン酸」って1934年に米国コロンビア大学の教授マイヤ氏とパルマー氏によって発見されたんです。 牛の硝子体(眼球)から発見されたので、硝子体を表すギリシア語「ヒアロイド」と多糖体構造単位の「ウロン酸」から 「ヒアルロン酸」と名前がつけられたんですって。 国際命名法って言うのだったら「ヒアルロナン」っていう名称が使われているそうだよ、 でも美容整形とか化粧水、サプリなんかは一般的に「ヒアルロン酸」って呼んでいるんだそうです。 ヒアルロン酸ってね、アミノ酸の一種のムコ多糖で、炭素・水素・酸素・窒素から構成されているんだよ。 ヒアルロン酸の分子構造って言うのは、アミノ酸の基本構造とおんなじで、 アミノ酸と同じように分子量が大きい糖類だす。 分子量が大きかったら体内に残りやすいんだけど、肌の表面からなら吸収されにくくなるんだそうだよ。 そうそう、化粧品みたいに肌の表面からヒアルロン酸を吸収させるより、 美容整形みたいに直接体内にヒアルロン酸を注射したり注入する方が効果があるそうだよ。。 ・・・ヒアルロン酸の効果・・・ ヒアルロン酸の効果っていったら何といっても「保水力」だす、皮膚を初めとして体の中でも水分の多い所に多く存在しているんだよ。 皮膚の表面それに表皮や真皮それに皮下細胞って順に構成されてる、ヒアルロン酸ってこの中の特に真皮に多く含まれているんだって。。 年とともに真皮でヒアルロン酸が少なくなってきてしまうと、肌の水分が十分に保てないんで、しわとかたるみそれに乾燥肌って言う原因になるんだ。 ほらよく芸能人なんかが、美容整形に行って、ヒアルロン酸の注射とか注入してきたって言うのは、 肌のしわとかたるみを気にしていっているんだよ。 あとね、ヒアルロン酸って皮膚以外に眼球・関節液・血管なんかに多く含まれているんだって。 それと関節の潤滑作用とか緩衝作用それに血管の動脈硬化の予防って色々と働いてくれるんだよ。。

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2016 ヒアルロン酸コラーゲン・セラミドの効果 All Rights Reserved.